みよしネコの会・始動

11月3日 
愛知県庁の職員の同行協力を得て、
みよし市内で活動を開始した一般市民ボランティアさんと、某自治会長訪問へ。
(私は、この日、地域ねこ活動を促進中の名東区の市民活動があり、理事の植木さんに同行してもらった。)
住民と、県職員、そしてボランティアが揃い訪問したのだから…自治会長さんも驚いたに違いない。

飼い主のいないねこ問題に真摯に取り組もうとしていることを理解して下さったようで、
それぞれの前向きな気持ちが集まり、いい雰囲気でことを終えたとの報告。を受けた。

一人の住民から、自治会へ広がり、今後の活動への基盤が整った。
関係する県の職員の方々、
そして、捨てられた猫たちとの共生を目指そうと立ち上がってくれた住民の方に感謝いたします。



ねこ活動をする方への参考になる部分もあるかと思うので、
今に至った経緯を紹介させていただきます。


2010年、
みよし市近郊に住む里親様からの相談を受け、
里親様の搬送協力を受け、どうぶつ基金補助金を受け、一人でTNR活動を開始した。

16匹を捕獲し、不妊手術したものの。
見ず知らずの私への警戒心の強いねこたちの捕獲作業がうまく行かず。
えさやりさんの協力を得なければと思い、
どうぶつ基金の耳先カットのチラシと連絡要請の手紙を餌場に置き、連絡を待った。

捕獲をあきらめようと思っていた夏の終わりに
えさをあげている方から電話をいただいた。

電話をいただいた方は、自然淘汰を謳う方で…
他のえさりさんに繋いでくれることも無く、協力を得ることが出来ず。

仕方ないので、周辺の住宅街を回り、飼い猫への不妊手術の徹底と
飼い主のいないねこへのTNR活動促進を提案し、10人ほど話したと思うが、関係者にたどり着かず。
ポスティングをして、そのエリアの活動を中止した。 

片道30分の距離。
しかも、私は、その地区の住民ではなく。
地域住民始動で、活動を促進しなければ、活動は完結に至らない。
これ以上は、無理だと判断し、懐きそうな数匹を保護して、TNR活動を中止した。

2年後の今年…
当時、電話をくれた方ではない、他のえさやりさんから連絡をいただいた。
2年経過し、問題解決に至らない原因を。自分たちなりに悟ったようだった。
増え続ける猫たち…「不妊手術」しかない。との結論にやっと!たどり着いたよう。
「資金確保、周辺住民の理解を得るためには、どうすればいいのか?出来ることをしたい。」とのこと。

早々に、関係者に集まっていただき、現状を伺い、
当会の活動の趣旨や問題解決に向けての今後の方向性を話させてもらったのが6月。

その後、関係者が相談を重ねて、
当会の趣旨と活動の方向性を理解下さり、ボランティア活動の開始を決心して下さった。

早々に「みよしネコの会」を発足。
7月には、どうぶつ基金の無料チケット利用し、19匹のTNR活動を終え、
10月から当会のTNR基金を利用して、8匹のTNR活動を終えている。

本日11月4日5日の両日。ファイ動物病院にて40匹の手術完了を目指し、
会員たちはTNR活動を行うが
みよしネコの会のメンバーも10匹の予約を入れていると報告を受けている。

今日も、朝から、10台の捕獲器を持ち込み、汗だくになって捕獲作業をしているはず。
実に!元気のいい、お姉さま方
お姉さま方の明るさと、パワフルさで、みよし市を変えていってもらいたい。
今後のご健闘に期待しています。

レポート・清家


人と人が繋がることで、一人では出来ないことが、個々の力を持ち寄り、可能となる。
そして、再び…人と人が出会い。心が繋がることで、町は大きなシェルターとなる。
そんな心優しい人の住む町に。愛知県の名に、恥じない町にしたいです。


☆当会は、地域ねこ活動する地域住民を応援し、様々なサポートを行っています。
もうすぐ、年間で一番サカリの強い時期がやってきます。
これ以上、不幸な命を増やさないため!
年内、愛知県内にて、計300匹の不妊手術を予定しています。
おかげ様で150匹分の不妊手術費用の確保は出来ましたが、
残り、150匹の猫たちの不妊手術費用資金が足りない現状です。

会員からの報告にて、手術したい猫の数、残り300匹!には、私も驚きました。
今年度、どうぶつ基金協同事業にて、既に245匹の不妊手術を終えていますし
自費でも100匹以上の猫たちの不妊手術を当会だけで行っています。

10月末の時点で、未手術猫の数300匹!?
この数字は、愛知県内にてTNR活動を主に行っている会員活動エリアにいる猫の頭数です
どこにそんなにいるのか?と思うほど、県下には、多くの猫たちがいます。
ですが、年内に不妊手術をしなければ
300匹→その何倍にも膨れ上がります!

TNR活動資金支援参加を宜しくお願い致します

(↑記事の④支援賛助会員への協力をお願い致します)

TNR活動資金調達のためのフリーマーケット出展品、
寒い冬を迎える地域ねこたちの猫フード、猫缶詰、ホッカイロ、毛布などの支援物資
不妊手術費用に使用する資金面でのご協力を宜しくお願い致します




次回は、愛知県南部で酷い虐待が続いている公園で 出会った猫たちを守るために。、
市民の方々が、立ち上がり、「地域ねこお助け隊」を発足した経緯をご紹介します。
 


当会の不妊手術の一部は、
公益財団法人どうぶつ基金様のみみ先カット猫無料不妊手術事業で行っています。

どうぶつ基金バナー200x40 (2)


各1日1回の応援クリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【みよしネコの会・始動】

11月3日 愛知県庁の職員の同行協力を得て、みよし市内で活動を開始した一般市民ボランティアさんと、
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします
※捕獲器のレンタルは受付いたします。

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


初めてのお問い合わせの方
電話にての問い合わせはお断りさせていただきます。
お問合せ、ご相談は、氏名、地区名を記入した上でメールにてお願い致します。
aichi.2022.zero@gmail.com

支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
一般社団法人愛知・地域ねこ応援団
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 
シャ)アイチ チイキネコオウエンダン


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク