一般の方からの相談、一切お受けできません。

いつも、応援いただきまして、ありがとうございます。

既に、お約束しているイベントやサポートもありますので
まだまだ…完全休業は出来る状況ではないのですが
今後、暫くの期間、
電話での活動相談、メール相談対応、一切、致しません
既に、お受けしている相談や対応は、順に対応させていただきます。

★追記
支援の問い合わせ等に関してはどうしたら良いのかと問い合わせありました。
勿論、団体の抱えている現場の活動は、引き続き進めていきますので、
ご支援のお問い合わせに関しては、メールフォームもしくは以下へお願いします。
aichi.2022.zero@gmail.com


会員が、各自で活動展開が可能になった頃…
団体外部(一般)の方々からのご相談が、かなり持ち込まれました。
現在も、未対応の現場が数か所残っています。

懸命に頑張っている上のご相談は、
当会も、会員等関係なく、お力になれればと、取り組みしていますし
頑張っている方との協同活動は、楽しくもあります。

相談内容によっては…
相談者に、学んでほしい場合も多々あります。

その場合、
会員入会を提案し、引き続きの活動を提案もしてきましたが
多くの一般相談は、目の前の猫たちのみの救済であり
セミナーを受ける気もなく、当会の活動サポートをする気もなく、
保護のみ、不妊手術するのみを希望するのみ…
猫を助けたい思いは理解できますが、
自分の目先の猫問題解決のみを望まれている方が殆どです。

自分で支出する覚悟ありの方もいますが、
相談という名目で、可哀想だの言葉で…結局、丸投げして終わりの方も多数います。

それでも…
例によって、猫を放っておけず…出来る猫救済は行って来ました。

大きな活動はblogで紹介してきましたが、
1匹~3匹の紹介無しの救済を加えると、年中無休の状態でした。

私の場合、必ず、猫のいる場所への近隣のポスティング、自治会訪問
企業、個人様、加えてケースにより、行政との話し合いも踏まえての解決方法を行ってますので
猫救済のみで終わりではないので、時間もそれなりにかかります。

どうにか、会員や支援者、仲間に支えられながら、
解決へと導いては来ましたが…
人が解決しようと動いてもどうにもならない後の相談が多く
関係修復から始まりますので…それなりに、大変でした。

結果、成猫が殆どの保護状況の我が家
彼らの終の棲家を見つけてあげねばならない大業を後回しにしていました。

2011年12月に設立し、2012年度から、市内1匹~200匹以上の現場で、
会員たちと、サポーターの皆様と、
全頭不妊手術を行うTNR活動をし、地域ねこ活動できる場所へと導く展開を行い
昨年度7月~これまでの資料作成を終えていないので正確な頭数は確認出来ていませんが
全ての猫たちの写真を添付した個体別管理表も作成しており、
その頭数、およそ、5000頭を超える不妊手術を終えています。
(年内には、個体別管理表と、活動頭数報告資料作成を完了します)

加えて、自宅では、入れ替わりはありますが、
常時50匹を越える猫たちの飼育管理もあります。
ケガをした猫の通院や看護、看取りの夜もあります。

しかも、持ち込まれる案件が、
近隣と散々もめにもめた上での地域猫活動促進現場、
飼育崩壊や、経済崩壊、多頭遺棄現場、虐待現場
不妊手術を全頭していないがための展開ですので、不妊手術代をねん出の必要があります。

人間関係においても、既にこじれて…難しい案件ばかりでもありましたし
解決案を提案し、協同を理解していたはずが…
途中で、完全な丸なげの方も多々あり
団体の活動もありのその上での…様々な事態にも対応してきましたが
活動に伴う資金繰り、体力面、時間の調整等、その面でも疲れました。

思うに…
上記の問題は、本来、
警察署、動物愛護管理センター、保健所、自治会などが介入し、解決すべき問題。

多頭飼育崩壊の最初は、飼い主のいない猫を拾って飼ってきたことによるものです。
飼い主だけの問題にするのは簡単なことですが、至る経緯があり、
根本的な問題解決は、飼い主のいない猫問題解決同様で、
名古屋市内の場合、自治会単位での地域猫活動の確立、
もしくは、市長も提案していますが、不妊手術補助金の簡易化しかないと考えます。

動物行政が、動物愛護推進員、自治会と連携を取り、
こうした事に繋がらないように、未然の段階で行うべきことが多々あると考えます。

広報に載せた。補助金を出している。
だけで、地域猫活動促進に繋がると? な、わけありません。

私たち市民ボランティアの意見も聞かずに、
名古屋市動物行政が獣医師会と布いた補助金制度は、
多額の税金をねん出しているにも関わらず
名古屋市内の飼い主のいない猫一割救済にしか至っていません。
(年内に、名古屋市のTNR活動頭数、市民活動頭数、行政補助金頭数対比表を作成します)

飼い主のいない猫問題の解決は、市民ボランティアが殆どを担っている。
それが、名古屋市の現状です。

名古屋市愛護センターがふるさと納税を募り、猫救済に乗り出すそうです。
ボランティアは、どこも寄付は一部の支援者からが多く、資金繰りは大変なようですが
行政の募金開始には、支援があるかと思います。

殺処分軽減につなげる資金の用途をきちんと計画し、
持ち込み前の猫問題解決を行なわず、
持ち込まれた猫たちを、保護ボランティアに資金提供の上、
保護猫のみの提供用途で終わらないように、是非にお願いしたいです。

本来、遺棄される前、持ち込まれる前の事業が、重要なのに…
それは、予算で行える事業なのに、ふるさと納税を何に使うのかも興味を引きます。

こうしたふるさと納税に寄付する方々も、きちんとその用途内容を確認し、
外に暮らす猫たちの根本的問題解決に繋がる寄付先を選択して頂きたいです。

この名古屋市のふるさと納税による取り組みの企画内容は分かりませんが
思うに…
私たち市民ボランティアは、さほどの労力が必要ない社会構成も可能だと考えます。

ですが、正直言って…
長年、この行政の元、活動展開している私個人の意見としては、
その内容が想像でき、かつ、期待はしかねます。

ですが、
いかなるふるさと納税対策の内容であっても、
この取り組みが実現すれば
市民ボランティアのすべき活動内容も変わってくると考えます。

それを見定めて、当会も次の活動方向性を決めねばなりません。
時期的にも、ちょうどいいタイミングにも思いました。

私のほう…大病ではございませんが、治療が必要な状態でいます。

事務局の業務を初め、会員活動エリアのサポート等を継続し
保護猫シェルターの床マットの張替えを行う等の活動拠点を整え
全体を担う行政が開始するという、ふるさと納税事業を見定め、
次の段階へ…進む準備期間をいただきたいと思います。

ご理解と応援、引き続きよろしくお願い致します。

                          文責   清家照美

__________________

ランキングに参加しています
クリック、よろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク