緑政土木局 南土木への要望書

11月22日訪問した南土木に提出した文書。

1、えさやり禁止警告版の移行に関しては、出来ると思う。との回答はいただけているが
上司との審議らしい。なら…同席してほしいものだ。
その後、どうなったのか?受け入れられたのか?何も回答はない。

最初は、何度も猫のことはこちらも困っていて~
公園は、市民のための施設であり、猫が居たら苦情が出るから、餌をあげなければ、いなくなると…

私が口にした反論は、以下内容をもう少し詳しく説明した。
検討しますとは、言っていたが…
どんな回答が来るのか?2週間経過したら、こちらから入電予定。
7日には、市役所緑政土木局に、天白トラブルゼロ!?さんと同行予定だから
上司の考えも、分かるかと思います。



 

名古屋市役所 緑政土木局南土木事務所殿

 

一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団

http://catcheerleaders.blog.fc2.com/

 

緑地公園に捨てられる飼い主のいない猫たちの状態の酷さに心痛め、これ以上増えないように不妊手術を進めている市民ボランティア方々からご相談を受け、現地調査及び隣接区への住民聞き込み調査を致しました。以下が、その結果と当会の所見です。

 

過去、現在

子猫や人なれしている成猫の遺棄(捨て猫)が頻繁に起こっており、「猫捨て場」として有名な場所となっているようです。

 

一方、近隣に住む住民や公園利用者が、猫らを哀れみ、餌付け後、避妊去勢手術を行っており、現在までに94匹の不妊手術を済ませており、その内、自宅に頭数29匹、譲渡した頭数4匹、合計33匹の保護活動を、私達市民ボランティアが自費で行っています。

 

公園利用者の中には、餌のみを与えるのみの方も多数存在するのかと思います。その事由として、飼養している方の殆どが高年齢者であり、その世代からの知識しか持っていない為で、「命を繋ぐ」=飼養=「餌やり」以外の解決案を知らず、頭数制限(避妊去勢手術)への積極的な取り組みに至っていないと考えられます。

 

猫の現状

現在、緑地公園にいる猫は、85匹程が見込まれます。

その内、新たに捨てられた猫・未手術の猫は、30匹程

毎年、人なれした猫、子猫の遺棄行為が後を絶ちません。

 

問題点

1.   遺棄、出産による猫の激増

2.   近郊住宅地区への流出、近郊住宅地区からの流入

3.   多くの「命」が軽視され、病死、餓死、事故死、虐待死の発生

4.   糞尿被害

5.   近い将来、不妊手術実行者が不在になる可能性があります

6.   名古屋市には飼い主のいない猫避妊去勢手術助成金事業がありますが、住宅地と断定されており、公園や企業等、利用できない箇所が多い

 

解決策

1.   遺棄を見逃さない「目」を増やす。

・人間同士の確執を生む餌やり行為を問題視する非難看板ではなく→

環境省作成の「動物の遺棄虐待犯罪」の告知に切り替える

以下の「動物の遺棄虐待犯罪」の告知掲示設置をお願い致します

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/poster04.pdf

 

2.   全頭の不妊手術を確実に励行し、糞尿の清掃もできる人員の確保、餌やりを行っている方々の育成(増やさない活動の協力者へする)等、環境省が推奨する飼い主のいない猫問題解決マニュアルに従っての活動開始が有効。

 

行政管理下の緑地公園において、「地域猫活動」を容認するのは難しいことかもしれません。ですが、飼い主のいない猫を適正飼育管理することは環境改善にも繋がっていきます。手術後、緑地公園及び周辺住環境の向上に繋がるよう、環境に配慮した適正管理飼育をする。及び、周辺住民へペットの適正飼育指導を含む啓発活動を並行し、猫を捨てる行為=遺棄ゼロを目指す他、解決策はありません!

 

都市公園法に基づくと猫のことは謳われていませんが、既に猫はそこに人の手によって捨てられ、生きているのです。長年、各土木事務所が「餌をやるな」警告で解決に導けていないのも事実です。緑地公園の環境管理のみならず、周辺住環境も考えるのが自治体の役目。市内行政管理の緑地公園において、飼い主のいない猫問題解決に取り組まないことにより、飼い主のいない猫問題が、その周辺の住民住環境悪化に繋がっていることも事実です。都市公園法に基づくよりが先に、自治体が取り組みべき問題だと認識すべきかと思います。

 

3.   名古屋市健康福祉局の動物愛護主幹へ、市内公園にいる飼い主のいない猫への助成金提供を要望して下さい。

長年、当会も現行の「なごやかキャットサポーター事業助成金」を住宅地に限らず、適正管理可能な環境構築出来る場所にいる飼い主のいない猫への提供を訴えていますが、聞く耳すら持ちません。名古屋市管轄の公園においても、市民ボランティア、ボランティア団体による自費での避妊去勢手術が行われています。同じ市政に関わる土木事務所各所より、飼い主のいない猫問題は、緑地環境悪化、周辺住宅環境悪化問題になっていることを伝え、この助成金獲得にご尽力願います。

 

猫は、愛護動物であり、動物愛護管理法で、ペットの飼い主には、終生飼育が義務づけられています。捨てるという遺棄行為は、人の問題が発端です。そして、猫が増えるという結果を招いているのも、人です。そうして、増え続ける飼い主のいない猫問題の解決が出来るのも、私たち、人ではないでしょうか?

 




ランキングに参加しています
クリック、よろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク