義援金あれこれ情報

熊本県は6日、熊本地震の被災地支援のために
4月末までに寄せられた義援金約57億円の第1次配分を、被災自治体に振り込んだ。

義援金は市町村を通じ、被災者に渡されるが、
被災した生活保護受給者の中には受け取りを迷っている人もいる。
義援金が一部でも「収入」と見なされれば、生活保護費が減額されたり停止されたりするためだ。
制度が壁となり、国内外の善意が弱者に届きにくくなっている、との指摘もある。

「もらいたいけど、収入と見なされるなら要らない」
被災者の一人で生活保護を受給している女性(62)=熊本市=は、
義援金の受け取りに必要な罹災(りさい)証明書発行を市に申請するか、迷っている。

 住んでいたアパートの柱が折れて、家財道具のほとんどを失った。
 今はアパート近くの公園に避難し、知人が張ったテントに居候している。
 女性は精神疾患があり働くのが困難で、月6万9千円の生活保護が唯一の収入だ。

義援金は第1次配分として死亡者や行方不明者、住家が全壊した世帯に各20万円、
半壊した世帯に10万円、重傷者に2万円を配分することが県などの配分委員会で決まった。
義援金はなお寄せられており、順次、配分していく方針だ。

貯蓄がないこの女性にとって義援金は、生活を再建する「命綱」でもあるが、
「義援金をもらったら、福祉事務所から何て言われるか…」と不安げな表情を浮かべた。

厚生労働省は今回、自立更生計画など義援金受け取り手続きの周知を熊本県などに通知しているが、
熊本県弁護士会は「そもそも義援金は全額、収入と見なすべきではない」と主張。
吉田賢一会長は「生活保護受給者に煩雑な手続きを強い、精神的に追い詰めるものだ。
硬直的な制度運用は行政にとっても事務が非効率。柔軟な対応を求めたい」としている


----------------------------------------------------------
弁護士会の意見に賛同します。
義援金は、被災者だれしも平等に、義援金として分配するが正しいように思う。
義援金を収入と見なす国政って?考え方がずれている気がします。
被災地に立って、被災者と数日を過ごしてみるといい!
国政が何をすべきか?今よりは見えてくるはず。

続き、Facebookでも、興味深い記事が話題になっていました。
NPO法人河口湖自然楽校校長・清水国明さんの「これが、炎上ってやつなの?」という記事。

----------------------------------------------------------
(清水国明・以下国明)   義援金の現状は?
(日本赤十字社・以下日赤) 義援金はまだどこにも分配されていない。
理由は広範囲な災害のため集計ができず、分配の委員会が発足されないから。
それが立ちあがったら、義援金はすべてそこにお渡しする。

(国明)その会は誰が組織して、誰が委員を任命するのか?
(日赤)国の主導だが実に沢山の部署が絡んでいて、ここがやっていますとは言い切れない。

(国明)その分配を決める委員は誰が?
(日赤)行政関係や各放送局、有識者、など。日本赤十字社もその一員。
被害の程度によって金額を決めて分配する。

(国明)では、その肝心な委員会は、いつ立ち上がる?
(日赤)分からない、広範囲な災害なので。
日本赤十字社は皆さんの義援金をお預かりしている立場なので、
一刻も早く委員会が組織されるのを望んでいる。

(国明)そんな仕組みになっていることを知らない人が多い。
今後募金を集めるとき、
この義援金は今すぐに使われることはありません、と表示するつもりは?
(日赤)「・・・・・・」

(国明)この義援金を、今すぐ動いている組織、団体などの活動支援に使うことは?
(日赤)ない。

要点だけ書き出すと、非常に殺伐とした感じになりますが、
終始にこやかな対応をして頂きました。
このレポートにしても、さらに誤解や勘違いが生じる恐れがありますが、
今後は連絡取りあって是正してゆきましょう、ということになりました。

本日、現在までで集まっている義援金は506億円ですと。
災害対策本部を案内してもらいました。

日本赤十字社も、そこで働く人たちも、この災害の被災者を
何とか助けたいという熱い想いは、私たちとまったく同じだと思います。

ただ、組織が大きくて、義援金がとてもたくさん集まり、そして災害が広範囲であるという、
すべてのスケールの過ぎた部分が色々な問題を生みだし、
さらに長期化することで蓄積された負のマグマが、
いつか大きく噴出するのでは、という危険をはらんでいると感じました。
(中略)
----------------------------------------------------------

被災者が復興への第一歩として、役に立てて欲しいと、国民は義援金を振り込んだはず。
分配迄、迅速に行って欲しい。と誰もが思うに違いない。
日本赤十字に、疑問を投げてくださった清水さんに感謝。

義援金が、一日も早く、被災者の手元に分配され、お役に立てればと願います。
ペットを家族の一員と考える被災者にとって、一緒に暮らす基盤に繋がりますから。

----------------------------------------------------------
準備が整い次第、
愛知・地域ねこ応援団も継続しての熊本入りをと思っています。

次回熊本入りは、12日から15日を予定していますが、
今の時点では、熊本入りは可能ですが、保護した猫への治療費が不安です。

通常の当会への支援金は、その殆どを
TNR活動補助金として会員や一般の方々に支給しているため
現状、被災地活動に回せない事情があります。

いつもご協力のお願いばかりで恐縮ですが、
被災動物救済活動の必要性をご理解いただき
継続的な熊本入りのご協力をお願いいたします



★三菱東京UFJ銀行  浄心支店(じょうしんしてん)
(普通口座)3078894
 一般社団法人愛知・地域ねこ応援団

名前の前に「被災」と入れていただければと思います
収支はblogにて報告させていただきます。
----------------------------------------------------------

熊本・被災動物救済活動へのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク