藍島の猫たち(あっぱれ!!北九州市動物行政!)

住民の数と同数の飼い主のいない猫にあふれた藍島の猫たちの問題の情報のその後。
動物行政の在り方として、全頭数の不妊手術という対応を行った
北九州市の対応は素晴らしかったですね!

詳しくは、萬福童~福太郎のおうち~
「藍島の猫たち」という題目で詳しくレポートして下さっています。

他、福岡猫日和にて、地域猫になった藍島の猫として、紹介されています。

藍島の地域猫たちへの支援物資も受け付けているようです。
支援提供して下さる方は、こちらから、お願い致します。

猫たちを見守り続けている市民ボランティアの皆様、住民の皆様に感謝申し上げます。
(住民理解には、まだまだ時間がかかりそうですが、
猫はこれ以上増えない。というTNR活動への理解は得られたそうです)

地域猫とは、
地域住民の合意のもと、住民の手でノラ猫を正しく管理して生活させるという考え方です。
ここでいう正しい管理とは、その地区の住民の方々で、
不妊去勢手術、エサ、フンの清掃、周辺美化、行政や住民への報告などを行い、
地域住民たちが飼い主として「管理するノラ猫たち」のことです。

エサを与えているだけでは地域猫とは言えません。
不妊手術をされていない猫は出産によってあっという間に増え、ご近所の苦情の原因となります。

地域住民の合意がとても大事で、ノラ猫を通して住民同士のコミュニケーションを増やし
猫のトラブル(苦情)をゼロにする!が地域猫の考え方です。
ですが、地域住民の合意が必要であるため!時間がかかってしまうことが課題となっています。

私たち、一般市民ボランティアがそうした活動を促進する中、
猫のトラブル解決に向かう動物行政の姿勢、それこそが要で、
住民の理解を待つのではなく、積極的に住民の理解の獲得を行っている
動物行政の姿勢そのものが、社会や住民の理解に繋がるという一例ではないかと思います。

まだまだ、多くの住民(国民)の方々の地域猫活動への理解や協力獲得が難しいケースが多い中
動物行政の在り方が、地域猫活動浸透のカギを握ると思います。
全国の動物行政の方々が、今以上に、積極的に!!
住民の理解を獲得するように尽力くださるように!切に願います。

地域ねこ活動が広がれば、私たち市民ボランティアが保護という選択をせずに
殺処分頭数軽減が実現します。
住民たちの嫌がらせや虐待行為とその一歩手前の地区の多い事!!
放っておけない私たちは、保護という選択しかなく
保護という選択しかない地区が多い。事こそが社会問題ではないでしょうか?

この場を借りて申したいことがあります。
保護=苦情が軽減するという考えを打ち出している名古屋市政の考えには賛同できかねます。
(名古屋市の市民活動補助金における定義として、保護活動の助成金使用は該当。
 TNR活動目的の助成金使用は認められていません)
保護する=地域から猫が減る=苦情軽減や殺処分頭数の軽減には繋がりません!
TNR活動や地域猫活動の取り組みしか、殺処分頭数軽減、苦情軽減にはないと考えます。
動物行政の積極的な住民啓発を宜しくお願い致します!!!!

DSC01752.jpg
左がボンボン♂ 
餌やり飼育放棄引っ越し
その後、地域猫活動説明会をしましたが住民の理解が得られず、
その地区で活動するボランティアが全ての猫たちを保護。
我が家にて、一匹を引き取り保護しました。

右は、まい♀
多頭飼育崩壊の家から8匹を引き受け保護。人なれしていない為、居残り組となっています。
6畳一間に50匹もの飼育をしている一軒の家を動物行政は把握していたにもかかわらず
何一つの飼育指導もしていませんでした。
代表主催のCatpawclubで不妊手術の資金を飼い主に貸し、
月々1万円の支払いをしていただき、全ての猫の不妊手術を終了しました。

こうした問題のある場所にいた猫たちを私たちが保護する前に
飼い主のいない猫、飼い猫の問題ある飼育に対して、
社会、地域の問題として、動物行政の啓発活動や飼育指導が行われていたら…
と思うケーズが他にも多くあります。

_________________________

☆紹介させていただいたblog管理人様へ
勝手に記載いたしましてすみません。
九州・大分県出身の私、九州の地域猫活動の応援として記載させていただきました。
今後とも藍島の猫たちの事、よろしくお願い致します。



TNR活動をし、ノラ猫から地域猫へ!!
遺棄や虐待は犯罪です!!
小さな命を守るため活動応援へのクリックをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク