地域ねこ活動の説明会サポートします

当会では、2013年5月以降
「地域ねこ活動説明会&苦情相談会」を無料開催していきます。

自治会役員の方からの申し込みの場合は、
以下を厳守していただき、
 ・開催場所の確保、必要経費負担が可能であること
 (必要経費 開催場所・コミセン等の賃料)
自治会名、申込者氏名、役職、住所、連絡先を明記の上
メーリングフォーム、
もしくは08047316440清家までお問い合わせ下さい。

居住区でTNR活動を行っている任意団体からの申し込みの場合
協同条件として以下のお約束を厳守していただければと思います。
 ・公的機関に届けられた(任意、法人)団体であり、ボランティア保険に加入していること
 (届出先 例:行政・社会福祉協議会等)
 ・開催場所の確保、必要経費負担が可能であること
 (必要経費 開催場所の賃料、開催開始のお知らせチラシ、住民アンケート用紙等の印刷代金)
 ・開催前に、当会の事務所にて2時間の講習会を受講できること
 ・協同誓約書に署名捺印できること

開催までの流れ
①メールフォームからの申し込み
②当会との打ち合わせ、講習会参加
③居住区の保健所への要請訪問
④自治会会長、町内会長、保健委員長との会合
⑤開催決定した自治会会長、町内会長との打ち合わせ
⑥回覧板作成(出来ない場合は当会が用意可能です)
⑦説明会開催の広報活動(チラシ掲示可能な場所へ貼る)
⑧開催当日のセッティング
⑨受付担当し、資料を配布などのサポート

その後
①苦情相談によって、活動可能な対応は対応していただきます。
対応が難しい場合は、当会にて対応しサポート活動致します。
尚、保護等の活動要請対応はありません。
②苦情対応処理した報告を都度、保健所、自治会、町内会に提出
(提出報告書の作成などもサポートします)
③後は、今までの活動を地道に行い、地域住民の声を拾いながら
地域へ活動を浸透させて下さればと思います。

尚、いきなり難問対応にならないよう配慮し
開催当日、及びその後も
苦情は当会に寄せられるように資料やチラシは作成し
対応可能になった時点で、貴団体名へと移行させていくようにと思っています。
対応可能な場合は、貴団体名を窓口とさせていただきます。

飼い主のいない猫問題を、「地域の問題」として、解決する。
まずは住民の皆さんに知ってもらうことから始めませんか?
多くの方の応募をお待ちしています。



当会の不妊手術の一部は、
公益財団法人どうぶつ基金様のみみ先カット猫無料不妊手術事業で行っています。

どうぶつ基金バナー200x40 (2)
各1日1回の応援クリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


あとがき
なぜ?「地域ねこ活動」説明会なのか?

飼い主のいない猫への私たちの取り組み(活動)は、
相手が愛玩動物でありながら、人に寄って来ず
外にいる命だから、事がヤヤコシクなりやすいのだと思います。

TNR活動を始めると、猫たちの生育環境は整い、増えることもなくなります。
一時的な解決を見たような思いがするかと思いますが、
そうではないと感じている方もいらっしゃるかと思いますし、
当会にもリリース後の住民紛争解決への相談も多く寄せられています。

猫は…今も
人間(社会)に、無視された(遺棄、飼育放棄)挙句に、
様々な論議を生み出す存在にされ、
二次被害(虐待、殺害、殺処分、給仕放棄)をこうむっていて
猫にまつわる方々の人間同士の紛争は、今も続き、そして後を絶ちません。

私たち人間の多くは、考える知を持っており、
猫の存在を命として捉える事が出来る方が殆どかと思います。
ですが、
生きている。生き物だと理解することもせずに、
猫の存在を無視(認めず)したくて、苦言だけを言う方もいます。
その挙句に、猫に餌をあげているその人に対して、嫌味や苦言等を言うのです。

苦言は、エスカレートすると、虐めに繋がってきます。
その虐め行為をさせることさえ、猫の餌をあげている人の責にし、
虐めを行っている自分を省みずに、その言葉を正義感と勘違いし、正当化し、
人に対しての執拗な虐めを続けている人も多くいます。

彼らは、問題=猫の存在と考え、無視も出来ずに、
生きているからと譲歩も出来ずに、
猫に関わる餌やりにあたり、ボランティアにあたり、
それを愛でる人を攻撃し、
自分の中から猫の存在を抹殺しようとしているのです。

ですが、
こう言った段階の方でも、対話することで、活動を知っていただくだけで
解決策を見出せる方も多くいます。

恐ろしいことに、言葉でだけに留まらず
その存在を抹殺することを正当化し、正義とする方もいます。
こういう方は、論外ですが。

リリースした猫たちと、その猫の面倒を見ている人が、
こう言った目にあっているのをご存知でしょうか?
たかが猫。されど猫。確実に、社会問題化しています。
ですが、だからこそ、
人が解決すべき、大いなるテーマだと思っています。

飼い主のいない猫問題を生み出したのも、人間(社会)であり、
ヤヤコシクしているのも人間(社会)なのではないでしょうか?

そして、悲しいことに、活動するボランティアである私たちの中にも、
事をヤヤコシクしている方もいると思います。

問題解決に至る一歩として、活動を行っているのであれば
問題に至る前に、地域の方々の声を聞く事が、苦言と向き合うことが
もっとも重要な事だと考え、
法人活動2年目の今年度、地域との対話を広めたいと思います。


きっと、始まりと終わりでは、何かが変わってくることをお約束いたします。
多くの地域の方々からの応募をスタッフ一同心からお待ちしています。
                   
                        文責 代表理事 清家
スポンサーサイト
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク