3日間連続のTNR活動・昭和区

1月20日21日は、ファイ動物病院の手術日。
一気に予約可能なので、手術日に合わせて、会員たちは忙しい数日間を送ります。

私も、久しぶりにTNRに多忙な数日間を過ごしました。
今回は、長久手市、昭和区、天白区と3箇所。
計15匹を捕獲予定で稼動開始。

まずは、昭和区から開始。
①18日、4匹。 19日3匹、計7匹
レボリューション、ワクチン3種、避妊去勢手術、耳先カット
内、1匹酷い疥癬→レボリューション治療。(治らなければ、捕獲し治療保護予定)
内、2匹のメス猫、妊娠1ヶ月程→堕胎。

7匹共に、術後2日間の保護の後、リリース。

大阪市から越してきた新会員Kさんの自費で治療を施したのですが
荒畑駅周辺にいる猫の状態の酷さに驚き、心痛め、哀しみ…
数ヶ月間悩み、活動開始を決断したとのこと。

コンビニに来るお客さん相手に、餌をねだる痩せた猫たち。
毛もボロボロ
「大阪の猫も酷いけど、それ以上に酷い状況下にいる猫が哀れで…」
「名古屋に転勤してきたことを後悔さえした」と…
市内に居住しているものには、耳の痛い言葉でしょうが…
のらねこを見ると、町の人たちが見えてくる
想像力を持ってみれば、然りですよね。
ねこの状態の酷さに、住民の「命への向き合い方」に愕然とし、驚嘆したのだと思います。

2003年に九州から名古屋市に来た私も、
子猫が捨てられてさ迷い歩く姿や、お腹をすかせた様子に心痛めたものです。
「可哀想に」誰もが思う。
だけれど、見て見ぬことの出来る人の多さにも驚いたものです。
「何という町に…越して来たのだろう」そう思い、悩んだ過去を思い出しました。

きっと、彼女も同じ思いを経験し、そして、考え、
この町に住む以上…暮らしていく以上。という覚悟もあって
目にする猫たちを放っておけず、ねこに向き合うことを決断したのだと思います。

このエリアは、数年前から、心痛めた方から、何件のメール相談をいただいた事もあります。
基本的に地域住民の方が、動かなければ、問題解決に繋がらないので、
私たちに出来ることは、サポートのみです。
今回、初めて、住民の方によるTNR活動の相談をいただきましたので
一緒に現地を一時間ほど歩き、情報収集をしました。

ねこたちの状態から見て…
住民から害獣扱いされているであろう。こと
ねこを目の前に、見てみぬふりが出来る住民たちが多い事も察しがつく酷さ。
そして、餌をあげている。ことにも目をつぶる人もいる様
反対に、餌やり行為に苦言を言う人々も、多い地域なのだろうと容易に察しがつきました。

都会の町の片隅に住むねこがいる事実は、ねこが好きや嫌いの問題ではない。と思います。
数匹ではない!何十匹と捨てられ、さ迷っている。社会の問題に等しい頭数の猫たち。
そして、数十年もこの状況は、改善されず、毎年同じことが繰り返されているとの情報。
痛々しい様子の動物を毎日目にしても、気にならない人たちが住む町だと判断凹

私には、見てみぬふり=虐待行為に等しいと思えるのです。
命を繋ぐ為に、食べ物は必須であるのに…餌をやるなと謳われた環境
看板には、正々堂々と「名古屋市」と書いているのですから…凹
ありえない!!文言に驚き、愕然とする人も多いと思います。

名古屋に来た当時と同じ状況に…驚きました。
私が知らないだけで、市内には同じ状況下の地区は多いのだろうとも思いました凹

悲惨な状況下の改善の方法として、通常 私は、
ねこの状況を調べた後、自治会長に面談申し込みし、
問題を解決してほしい(したい)と相談に行き、
地域の方々がどう考えているかを聞いた上で、活動開始する順路で動いています。

ですが、今回の場合は、
年内で一番サカリの強い今、早々の避妊去勢が必要だと判断し、
TNR活動優先で稼動。しました。
今後、自分が関わったねこたちの未来改善に繋がるよう…活動促進していきます。


                               文責・清家

☆荒畑駅周辺に居住の方で、
活動協力してくださる方を募ります。

啓発チラシポスティング作業、捕獲猫の搬送(現地⇔病院)
餌付けと捕獲作業協力、術後のねこの一時預かり(数日間)


人とねこたちとが共に平和に暮らせる町づくりへの参加をお待ちしています。
連絡は、メールフォーム。もしくは携帯08069682319まで





当会の不妊手術の一部は、
公益財団法人どうぶつ基金様のみみ先カット猫無料不妊手術事業で行っています。

どうぶつ基金バナー200x40 (2)

各1日1回の応援クリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク