一区切り

3日間の内覧会が終わりました。
お忙しい中、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
支援物資、寄付金、お祝い金を下さった皆様、応援いただきまして心から感謝申し上げます。
皆様から、益々応援していただける団体となるよう、一層の努力をと思っています。
今後とも、よろしくお願い致します。

N01.jpg

参加団体の皆様、お疲れ様でした!!!
久しぶりに、ゆっくりお話ができ、とても楽しかったです
お互いがお互いの活動や考えを知り、そして協働できる部分は協力し合う。
そんな未来が開けたようで、心うれしく思いました。
N02.jpg
N03.jpg
N04.jpg

愛知県には、全国に発信できる大きなNPO等の法人組織が存在しません。
私が法人を設立した事由の一つとして、
私たちボランティア活動者の輪が必要な時を感じていたことが理由のひとつです。

一年を通し、福島救助活動を経験した際、
愛知県に、今後大きな災害が起こったとき…
県下の犬猫のボランティアは、多数存在してますが、
災害を目の前にした時、恐らく、無力であろう小さな「会」しか存在していない事実を改めて感じました。
そして、東海地震が来たときに、この町の犬猫を、救えない自分を痛感しました。

動物好きだからこそ、ボランティア活動する私たちが、
その時に、何も出来なかった。と、自分を攻め、悔やまないだろうか?
微力かもしれないけど、私たちだからこそ、見出せる。そして、出来ることがあるはず。
今だからこそ、この災害を教訓として、その時に、備えるべき時期だとも思いました。

さまざまな対応が出来るボランティア団体が、愛知県に。名古屋にあればいいのに。
私が任意団体である「地域ねこ応援団Cat paw club」を立ちあげる前から感じていた
その思いは、益々強くなっていたのです。

日ごろの活動の先に、活動を通じて見る社会問題を見据えることが出来る仲間を団結させ、
早々に、飼い主のいない猫問題の解決システムを確立し、その先に、進めなければ…
急がなければ、その時に間に合わないと。
福島で体験した現実に、急がされるように…法人設立を私自身が要求していました。
ないのなら、自分でやるしかない。
人力、資金力、団結力を備えた団体を。そう願って設立しました。

当会も法人設立して、やっと1年が経過。
会員数は、60を超えましたが、公認申請が出来る会員数ではありません。
もちろん、活動内容も、まだまだこれからで、災害時。社会貢献できる団体にもなれていません。

個々の団体活動がベースとなり、TNR活動や地域ねこ活動によって、居住区の改善は可能です。
だけど、殺処分0を目指す私たちには、ここぞの時のボランティアの輪という人力が。
そして、災害など、いざという事態に備えての、横のつながりが、必要だと思うのです。

そんな思いを抱えた方々が、参加団体の方々にも
すべての方を紹介できず、申し訳ございません。

N05.jpg
東郷町でドックラン&カフェを経営し、ライフワークとして、犬の救済、保護、譲渡活動をしている
We's オーナー倉橋さん&ケンの家のアリスちゃん♀(里親様募集中)

N07.jpg
PHAY動物病院・理事長 阪田くん&保護猫・王子♂(里親様募集中)
私と出会い…病院まで建て、借金をしてしまいました。笑
親子ほど年は離れていますが、よき理解者でいてくれています。

n09.jpg
24日には、福島の救助活動で出会った友人たちがお祝いに来て下さいました。
その中の一人、Nyaa'sオーナーの曽根さん。
「ペットの食品管理について」という題目で、講演会も開いて下さいました。

我が家の猫たちの食品管理についてもお世話になっており、
病気治療後のフード選びにて、フードの重要性を実感しています。
日ごろからの食事管理ケアの大切さを痛感する中、
会員の皆さんにも聞いて欲しかったのですが、参加者は、10名。凹
こういった講演会は、今後も開催していきたいと思います。

内覧会という区切りを終え、気持ちに区切りと覚悟が生まれた気がします。
私たちに、今、出来ることは、微力かも知れません。
だけど、輪になることで、集結する事によって、広がりを生みます。

多くの仲間たちが、この場所で集い、語らい…
動物の未来を。それを囲む社会を。いい方向へ!!と導けるように。と願いながら…。
皆様、本当に3日間ご苦労様でした。
今後とも、協力会いあって、大変な活動ですけど、ワイルド!に乗り切りましょう!
ありがとうございました。



当会の不妊手術の一部は、
公益財団法人どうぶつ基金様のみみ先カット猫無料不妊手術事業で行っています。

どうぶつ基金バナー200x40 (2)


各1日1回の応援クリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【一区切り】

3日間の内覧会が終わりました。お忙しい中、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。支援物資
ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク