FC2ブログ

8週齢規制実現に向けて

昨年秋の環境省が募集した動物愛護パブリック・コメントに参加された
方も多いと思いますが、その中でも特に5年前のパブコメ時にも
見送られた仔犬・仔猫の生後8週齢規制というものがあります。

多くの愛護活動家はもちろん、私自身これは、今回の改正の最も
焦点となっており、是非とも成立させたい法案であるにもかかわらず、
環境省の動物愛護室の腰も重く雲行きがよくありません。

私自身とても歯がゆい思いをしておりますが、この件について
とてもよくまとまったブログがありまして、素晴らしい管理人さんが
動物たちを殺処分から救いたい一心で一生懸命運動をされています。

この問題には、日本の動物行政の縮図が顕れているように感じています。
皆様にもぜひ関心を持っていただきたく
ご紹介させていただきますのでぜひご覧になってください。

ジュルのしっぽ

http://blog.goo.ne.jp/jule2856

法律なんて小難しいことはわからないし考えるのも面倒・・・
政治なんかより目の前のことが・・・

そういう思いもあると思いますが、この日本は法治国家で
行政は法律に縛らています。

どんな怠慢な役人たちも、悪質なペット業者も具体的な法
には、逆らうことはできません。

また、そのような法がないからこそ、悪質なペット業者が
横行し、大量の殺処分が行われ、残虐な虐待が
後をたたないのと考えられます。

わたしは、法がないことを理由に何度怠慢な役人が動かなかったか、
ウジ虫が湧くような環境で産ませるだけの
悪質なペット業者が見過ごされてきたか、、、
幾度も幾度も身にしみて感じた経験があります。

犠牲になるのは、いつも物言えぬ動物達です。
彼らは何一つ自分の思いを聞いてもらえぬまま、ガス室
で苦しんで殺されていくのです。

少し小難しいと感じても、ちょっと面倒でも
彼らのかわりに声をあげて彼らを救う法を作って
いくのも私たちの使命だと感じています


5年に一度の動物愛護法の改正です。
この機会を逃せば、また同じことの繰り返しです。
いいえ、もっと悪くなるかもしれません。


ぜひ、この機会にご一考いただきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。  
                     
               文責 賛助会員・ルル
____________________________

会員のルルさんがメーリングで書いていた文言を使用し、修正いたしました。
法を学んでいる彼女。頼もしい当会の会員さんです。

名古屋市内の某ペットショップでも
深夜まで明るいライトに照らされて、小さな犬猫が売られています。
犬猫の生体を無視した展示時間。
あの姿を見るたびに…8週齢規制の実現!を願わずにはいられません。
なぜ?8週齢なのか?その理由は下記の記事に詳しく載っています。
『8週齢』である理由

私が強く賛同している箇所を紹介します。
(ジェルのしっぽ 『8週齢規制』の重要性からの引用)
 
 ※生体の展示販売をなくすために必要な手段こそが、じつは『生後日齢の規制』なのです。
 「先進国がそうだから」という、単純な意味ではないのです。
 ドイツでは法律で子犬8週齢未満、業界の自主規制によって
 子猫12~16週齢未満は、親元から引き離してはなら ないことになっています。
 その結果、ペットショップでは子犬や子猫が売れなくなり、
 また、そこまで育てるのに経費がかさむため、儲け にもならなくなりました。
 そして、自ずと子犬や子猫の展示販売がなくなってきたのが実像です。

 一方、日本のペット市場は、ドイツをはじめ欧米に比べて、極端に幼齢動物好きなのだそうです。
 「60日齢(生後2ヶ月)過ぎたら、もう売れない」と、ペットショップが言うほどです。
 もし、日本で生後日齢の規制をしたら、 
 ペット業界はドイツのペットショップが受けた以上の大打撃を受けることになるでしょう。
 売れもせず、経費もかさみ、儲からない。
 おそらく客引きだけのための生体販売になっていくことでしょう。
 そのためのステップが、『8週齢規制』なのです。

産ませるだけ産ませて遺棄する。
衛生管理が酷い。
必要な治療を施さない。
こういう悪徳ブリーダーも追放できます。
業界の質の向上には、必要な規制だと思います。

DSC00970_convert_20120126042621.jpg
11月に久しぶりにパピヨン仲間とのオフ会を開催。
我が家の犬たちも3匹参加しました。
どの子も我が子同然に愛されて、ケア管理されています。




ランキング参加しています。
 設立したばかりで知名度がありません。
 たくさんの人に読んでいただき、活動への理解を深めたいと思います。
1日1回のクリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
個人情報の取得

一般社団法人愛知・地域ねこ応援団では、個人情報を大変重要なものと考えており、
プライバシー保護のために以下の基準の元、最大限に注意を払って管理に努めてまいります。

以下のような場合に、個人情報を取得しています。
・一般社団法人愛知・地域ねこ応援団に里親様募集事前アンケートにお申し込みされた場合。
・一般社団法人愛知・地域ねこ応援団に支援物資、支援金を頂いた場合。
・一般社団法人愛知・地域ねこ応援団に電話、メールなどでご連絡頂いた場合。
・一般社団法人愛知・地域ねこ応援団と譲渡誓約書を交わしていただいた場合。

個人情報の利用
以下のような場合、個人情報を利用させて頂いております。
・ボランティア運動に関連してご連絡が必要な場合。
・支援物資・支援金を頂いた場合のお礼、収支報告の際のご連絡。
・支援物資送付時などに生じた配送トラブルの際のご連絡。
・里親になっていただいた際の、(概要は譲渡誓約書上に記載)
 アフターケアや緊急を要する場合のご連絡。

個人情報の第三者への提供
ボランティアを通じ知り得た個人情報について、
以下の場合、個人データを第三者に提供することがあります。
・本人の同意がある場合。
・犯罪捜査の為など警察、検察、裁判所、弁護士会
 またはこれらに準じた権限を有する機関から開示請求があった場合。
・生命、身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合。


免責事項ご確認事項

・当ウェブサイト一般社団法人愛知・地域ねこ応援団の著作権は、
 管理人が保有し、許可無く無断で複製を行うことは出来ません。転載・盗用は禁止です。

・広告先、会員登録等に関しましては、自己判断・自己責任になります。気をつけてご利用下さい。
 登録サイト先の規約や注意事項をご確認の上ご自身の責任でご利用ください。

・サイト上の情報に間違いがないよう気をつけてはおりますが、
 万が一、当サイトの内容について誤りがあった場合、 及び内容に基づいて被った損害について、
 サイト一般社団法人愛知・地域ねこ応援団及びその管理人は、一切の責任を負いかねます。


他にご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。





ランキング参加しています。
1日1回のクリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

亀山市野良猫捕獲問題に関する申し入れ及び照会

世間を騒がせた亀山市の一斉捕獲騒動から早数ヶ月。

2012年1月16日
THEペット法塾の植田弁護士、細川弁護士が
「三重県亀山市野良猫捕獲問題に関する申し入れ及び照会」声明文を提出して下さいました。
http://www.the-petlaw.com/pdf/20120116mieken.pdf

名古屋市の県庁や市政関係者にも目を通していただきたい内容を引用説明いたします。
 第2 申し入れの趣旨 
1 環境省は、犬猫の引取り義務を定めた動物愛護法35条2項における「拾得者及びその他の者」には
「野良猫を捕獲した者」を含まないこと、および、特段の事情(狂犬病の蔓延防止等)がない限り、
駆除目的で捕獲され持ち込まれた犬猫の引取りはできないことを都道府県等の行政に周知すること。
 

↓私の解釈

狂犬病の蔓延防止等とはっきり記載していない環境省への申し入れですが、
設立時の趣旨を持った場所に戻そうとする申し入れに拍手です。
そもそも国が定めた殺処分という行政の業務は、
狂犬病などの感染症から人間の命を守るために出来たものだと聞きます。
それが、いつしか…行政の過剰サービス心が間違った方向性を世に示し、
ペット産業の発展も伴い、無責任な飼い主を増やし、
多くの犬猫たちを犠牲とする場所になってしまってしまっていると。
ある方に聞いたことがあります。

今回のみどり町の件に関して、私なりに怒り心頭でブログに書きましたが
植田弁護士、細川弁護士、そしてNPO法人ねこだすけさんと
地域ねこ活動講師の黒澤さんが対応くださるという朗報を聞き、
私の出る幕ではないと判断。
専門的知識をお持ちの皆様の働けかけに期待し、
その後の邪魔になってはならないと、記事を削除しました。
信用できる方々の対応は、私の期待を裏切ることはなかったです。
関係者さま、ご尽力いただきまして心より御礼申します。


私が環境省に事前に確認し、保健所と話をした際のこと。
 犬猫の引取り義務を定めた動物愛護管理法35条2項に関しては、
 熟読すれば、その意味を介せるのに…
 職員は、あなた方の解釈がおかしいという私に
 引き取り義務の文言を掲示しているとの回答や、
 違法ではないと回答としていた。

平たく言うと動物愛護管理法35条には確かに
犬猫の引取りにおいて、自治体は求められたときは、引き取らねばならないと書かれています
だが、そこに到達する前に、大前提が書いています。
1条(目的)動物を愛護し、生命尊重につとめる
2条(基本原則)動物を、みだりに殺し、傷つけないだけでなく、
人と動物の共生に配慮し、適正に取り扱わねばならない。
この大前提を理解していれば、どんな持込みでも、容認するのがおかしなことになる。
殺処分目的に捕獲器を貸し出していると行為そのものも違法になる。
 
 反応のない瞬間の物言わぬ瞬間に、ノラ猫駆除行為に加担していると感じた。
 突っ込むと、口ではきちんとしている風な言葉を並べる。

 貴方ね~伊達に50数年生きてきたわけではない!
 言葉なき、動物たちの声を聞ける私たち!ですぞ!!

 住民の苦情を優先しての日々の対応も垣間見えたし、
 猫を排除しようとする動きをとった過去があるとすぐに察知できた。
こういった姿勢の自治体は、全国にもまだ多くあると思います。

 分かりますよ。苦情対応の大変さ。
 私たちだって、地域ねこ活動促進している身。
 怒り心頭に猫の被害を並べる住民たちは、100を超えて経験済みです。
 なんと回答して理解していただこうかと思いながら、口を開こうとする瞬間!
 止まらない勢いで被害者答弁を延々とされる。

 はいはい~と、言いたくなる気持ち。
 行政の方々も実に大変だということは分かります。

苦情を問題解決を、自分の職務として、しっかり向き合い、
打開策を考え、地域ねこ活動が、社会貢献に繋がると信じている方々でないと
あの被害者答弁者をする方々には、かなわないですよ。

 猫にえさをあげている方に水をまいたり、いきなり警察を呼ぶ方もいる名古屋市。
 そうなる原因が猫にあるという側は、分かります。
 でも、それ以前の問題とそれに関連する問題は、全て人間が原因なのです。

猫を間に挟み、市内のある町内で実際に起きた
・猫を不妊手術せずに家外自由にさせている住民。
・えさを道路に撒き散らし与える住民。
・猫と日向ぼっこを楽しみ、可愛がる住民

  ↓↑ 対立した人たち。

・花壇をめちゃくちゃにした猫が悪いと傘で怪我をさせ、いい気味だと言ってのける住民。
・塩素系洗剤の臭いが嫌いだからと、道路にそれをまく住民。
・油をかけられてやけどをおった猫も知っています。かけたのは?住民です。
・当時、不妊手術をし保護し里親募集をしていた知人。
 犬と子供との散歩中。道路の端っこに子供が転ぶほどハンドルを切った方、それも住民。
 家を突き止め。問題にしようとしたが話しにならない人だと判断し、数年後、彼女は引っ越しました。
・私たちボランティアに、よそ者が関係ないと目くじらを立てる住民
・町内会長の家に執拗に文句を言いに通う住民。

結局、この地区での地域ねこ活動は中止に。
地域の協力者と私とで全ての猫の不妊手術をし、6匹を譲渡して活動は終えた。
猫たちは、協力者の庭で地域ねことして管理していただいている。

 それにしても…
 猫の悪戯に、こういうクレイジーな行動で嫌がらせをする人も人
 猫以上に問題行動を起こしているのは、貴方ご自身では?と。思うのですが… 
 犯罪一歩手前ですから…

 私自身が現場で出会い対応したり、相談を受けている数々の苦情内容。
 年に数人は、こういう恐ろしいクレーマーもいる現状。
 こういうクレイマー相手に…
 行政は対策を考え、解決しなければならないのですから。 

 その方々の被害者答弁に至る経緯の解釈を継続して聞くと
 聞いていて、こっちの方が頭が真っ白になりますもの。
 嫌味でもなんでもなく、素直に対応する行政の苦悩は理解しているのです。

ですが…
クレイジーな方の苦情意見は聞き、
本来の地域の問題はどこにあるのかを見出さないのも、どうかと思います。

法35条の解釈について
(1)行政が野良猫を引き取る根拠法令は存在しません。
(2)法35条2項は、拾得者以外に「その他の者」からの引取り要求があった場合の
 引取り義務を定めています。
しかしながら、「その他の者」を無限定に拡大解釈することは、
前記動物愛護法の基本原則に反するものであり、許されません。
          ↓
この点も同様に解釈がおかしいことは伝えた。

緊急に引取りを要する場合に限定的に解釈するのが自然であり、
動物愛護法の趣旨に沿う合理的な解釈といえます。
          ↓
この緊急という文言が解釈出来ていないままの解釈だと言うことも伝えたが即答はなかった。
何を言っているのだと…聞き流している様子に、こちらの怒りを起こさる対応だった。

猫の苦情には、耳を傾ける。
間違っている解釈を指摘すると無視。

猫にその矛先を向けているほうが、自らが楽だから?
自分たちへの苦情は改善できない?プライドですか?

猫の譲渡はしていません。
そういう施設がないんです。

その言葉に哀れみも、
自らが勤務する行政の取り組みの遅れに対しての
情けなさ…のひとつも感じているようには思えなかった。

後に桑名保健所に伺った際に、ボランティア活動者との協働を提案したが
信頼置ける団体があればいいんですけどね~と。
三重のボランティア団体は、馬鹿にされているわけ?
そうではなく、ボランティア団体との協働によって生じる
摩擦対応しながらの、譲渡取り組みが面倒なだけ?

全ての猫を殺処分する行政なら!
引き取りしない覚悟で、市民啓発活動をすべきかと思うのですが…
それもしていない現状との情報。
三重県は、どうなっているのでしょうか?

この声明文に対しての回答が待ち遠しい。



ランキング参加しています。
 設立したばかりで知名度がありません。
 たくさんの人に読んでいただき、活動への理解を深めたいと思います。
1日1回のクリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

地域ねこ活動とは?

「地域猫活動」とは、地域にいる飼い主のいない猫の問題を、
地域住民と行政が協力しあって解決を目指すことにより、人と猫とが共存する地域づくりをしていくという考え方です。

具体的には、猫のトイレ、エサ、繁殖などを地域で適正に管理することにより、
飼い主のいない猫によるトラブルを減らし、地域社会環境を改善していく活動です。
私たちボランティアは、地域住民と行政。両者をサポートしていく役目を担います。

分かりやすいテレビ報道をご覧下さい。

 ※飼い主のいない猫苦情問題解決方法・地域ねこ活動成功例 
NHK ご近所の底力
 
   東京中野区の野良猫問題解決例です。
   そもそも人間が捨てたことから増えてしまった野良猫。
   「猫が好き猫が嫌い」の問題ではなく、
   地域の皆の問題として、野良猫も地域の住民「地域猫」として、 
   決して 殺したり追い出したりするのではなく、
   野良猫1匹1匹を避妊去勢­手術をし、自然淘汰を見守りましょう。
  (THIIKINEKO さんが 2009/02/24 YouTubeにアップロード)


 ※地域ねこ活動が東海地方TVで紹介される
  当団体の理事(地域猫応援団Cat paw club&おおぶ地域猫の会)の活動が紹介されました。
 
  好きで野良に生まれてきたわけじゃない
   そもそも避妊・去勢もせず外に放す人間
   無責任に捨てていった人間
   悪いのは誰?
   地域猫活動をする人たちを中傷するべきではない
   殺処分の費用が減っていく社会貢献活動なのだから...
    (Mrnagaimimi さんが 2011/04/22 YouTubeにアップロード)



地域猫活動ガイドライン 東京都練馬区の取り組み
  (以下に転記)

1.地域の問題として、皆で考えましょう
  飼い主のいない猫の問題は、地域の環境問題です。
  猫が好きな方と嫌いな方が対立していても問題は解決しません。
  地域環境を良くするために、できるだけ多くの立場の関係者がともに考えていくことが大切です。
  地域で話し合いが行われる場合、必要があれば区の関係者も同席いたします。

2.去勢・不妊手術を行いましょう
  飼い主のいない猫の生活環境はあまり良くありません。
  屋外では交通事故などの危険にさらされており、寿命は4~5年と言われています。
  このため、地域のすべての飼い主のいない猫に去勢・不妊手術を行えば、
  だんだんと数が減っていくことになります。
  また、手術をすることにより性質がおとなしくなり、発情期の鳴き声や強烈な尿の臭気もなくなります。

3.ふん尿の被害を減らすために
  猫の被害の多くはふん尿によるものです。
  猫のトイレを用意し、ふん尿の被害を減少させましょう。
  トイレの場所は、あまり目立たず他人の迷惑にならない場所が適当です。
  柔らかい土や砂利がトイレになります。
  地域住民の方々に協力していただき、適切な場所にトイレを設置しましょう。

4.エサやりのマナー
  地域の方々に説明し、ご理解をいただいて、エサ場を決めます。
  エサは決まった時間に、適切な量を与え、食べ終わったらその場で片付けましょう。
  置きエサ(エサを置いたままにしておくこと)は不衛生な上、ご近所とのトラブルのもととなります。 
  エサ場の周辺は常に清潔が保たれるよう、配慮をしましょう。

5.「猫がかわいそう」と思っても・・・
  飼い主のいない猫にエサを与えていながら、 
  去勢・不妊手術やふん尿の管理などをしないで放っておくと、
  猫たちによる被害が目立つようになるだけでなく、子猫が生まれてしまいます。
  こうなると、猫は地域の嫌われ者になってしまいます。
  「無責任なエサやり」と言われないようにしましょう。

6.ボランティアの方へ 【活動を地域に広げましょう】
  一部のボランティアの方だけで、去勢・不妊手術やふん尿の管理などを行っている場合があります。
  このような場合、熱心に活動していても地域に理解されずに困っている例が見受けられます。
  飼い主のいない猫の問題を解決していくためには、地域の方々の理解が不可欠です。
  地域の方々に猫をめぐるトラブルを減らすための活動であることを丁寧に説明し、
  猫の被害にあっている方の苦情・相談には真摯に対応しましょう。

7.地域の方へ 【猫の世話をしている人を見かけたら】
  猫の世話をしている人を見かけたら、声をかけてみてください。
  猫の問題を解決するための活動をしているのかもしれません。
  このガイドラインに従って活動している人であれば、きちんと説明してくれるはずです。
引用文掲載ですみません。良く出来たガイドラインと思います。
 

※地域ねこ活動の第一歩を始めたい方へのサポート致します。
お問い合わせはメールフォームからお願い致します。



※殺処分0を実現した熊本県の取り組み
 犬猫殺処分ゼロに!その方法とは?2

 熊本市
熊本市動物愛護センターの取り組み



ランキング参加しています。
 設立したばかりで知名度がありません。
 たくさんの人に読んでいただき、活動への理解を深めたいと思います。
1日1回のクリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

県下の活動者の声を届けます。

初めてのセミナーが無事終了しました。
お忙しい中、ご参加してくださった皆様、ご苦労様でした。
参加できなかった会員さんもいましたが、会員15名。
個人活動者5名の参加をいただきました。

飼い主不明猫問題を解決しようと真摯に取り組んでいる面々
真摯に目的を現実としようとする姿に、
懸命にやってきた私でさえも頭が下がる思いがしました。

理想郷とする愛知県となれるよう。
言葉なき猫たちの変わりに
犬たちの代わりに
代弁者となり、社会のモラル向上も出来そうな気もしてきた時間。

設立の決心がつくまで・・・
代表理事という立場を覚悟するまで・・・
私の中でいろんな葛藤がありましたが、
会員皆さんの顔を見ながら、今後を語り合える時間。
感慨深い思いでいっぱいでした。

頑張ろうと改めて思っていた矢先の朗報。
県庁の健康福祉部から、当会に面談要請がありました。
多方面でご協力してくださっている中、
更に、真摯に取り組もうとする姿勢をしり改めて感謝いたします。

先日も紹介しましたが、
「協働」とは、それぞれの自主性・自発性のもとで、
お互いの良さを認めあいながら、公共の場で、協力・協調しあってゆくこと。

今回の面談要請を受け、
長年・・・待っていた協働が確立の方向へ進んでいる気がしています。
やっと、認められたかのようで嬉しくもあります。

私たちの声だけでは、勿体無い!機会に思います。
皆さんの声を行政に届けます。
市長への面談も要請中ですので、県政、市政とも受付いたします。

私たち一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団が
愛知県内で活動する皆さんの声を県政、市政に届けたいと思います。
以下内容を記入し、
aichi.streetcat.cheerleaders@gmail.com に、応募下さいませ。

応募締め切りは、2012年1月22日まで。
 ①氏名、住所(町以下は略可)
 ②活動地域
 ③要望内容は3つまで。
 要請優先順位を決めて端的にまとめて下さい。

皆さんの意見をまとめた提出書類は、各自添付報告いたします。
県健康福祉部 福祉局長と1月30日面談です。

愛知県下で活動している皆様、拡散をお願い致します。
現場の声を届けましょう




ランキング参加しています。
設立したばかりで知名度がありません。
たくさんの人に読んでいただき、活動への理解を深めたいと思います。
1日1回のクリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク