お困り事の相談前に、お願いしたいこと

内閣府の調査によると、60~69歳の36.4%、
70歳以上の24.1%が犬や猫など何らかのペットを飼っているという。
高齢者人口に占める1人暮らしの割合は
1980年には10.7%だったが、2010年には24.2%になった。
1人暮らしの老人たちにとって、
ペットがかけがえのない「家族」である実態である。
と、同時に、飼い主の死や経済や健康問題によって、
行き場がなくなってしまうペットが増えている。
※週刊ポスト2014年11月21日号より引用

これは、人間側の事情によるもので、
結果、ペットたちが犠牲とされ、殺処分、遺棄に繋がっており
動物が巻き起こした問題ではないと思います。

当会へも、
飼い主から放置、遺棄された猫たちが、外に出され
結果、生じる様々な問題に対して、住民の方からの相談の他
崩壊寸前の飼い主の方からの相談や保護依頼などが年々増えてきている現状です。

当会としても、罪のないペットたちを一匹でも多く救いたいと思い
過去、様々な活動を行ってきましたが
TNR活動(手術費用)に多くの支出をしている現状において
飼い主のいる猫たちへのサポートを行うには、資金も人手も足りていない現状です。

そう言った背景をお伝えすると共に、
相談をいただく前のお願いをここに記載しておきます。

飼い猫の問題を抱えている方は、
まず、市役所、動物管理センター、保健所など、
身近な動物行政への相談をされてください。
飼い猫が置き去りにされ、その後、猫が巻き起こしている問題も
前記の行政相談を、先に!!お願い致します。

相談をしても、動いてくれないと言う上の当会への相談も多くありますが
飼い猫問題は、明らかに動物行政が相談を受ける立場にあると考えます。
根気強く、相談を重ね、行政と共に、解決案を見出していただきたいと思います。

(現在、愛知県内では、こうした環境下に置かれた犬猫を引き取り、
殺処分、もしくは譲渡を行っていますが
譲渡可能だと思う猫たちの命を繋げたい場合
以後、猫たちに新たな飼い主探しの必要が出てきます)

新たな家族を探すというサポートをしていただきたいと思う(当会を含む)
動物愛護ボランティア、もしくは団体がいましたら
行政の方から、ボランティアにサポート依頼をしていただくようにご依頼ください。

過去もこれからも・・・
直接、当会へご相談いただいた場合、
当会は、行政に報告した上での活動展開をしていきます。
そうした形をとった上での問題解決でないと、動物行政は成長しないと思うからです。

かつ、ボランティア活動している方々にも、
そうした形での問題解決に当たる流れを定義づけてほしいと願います。

確かに、私達、活動する者だけで解決できるケースも多くあるでしょう。
団体の支援を用い、支援を募り、預かり場所を確保し、里親譲渡へ繋がげる。
市民ボランティアのみで問題解決をする。
と、言う活動展開の経験は、十分にあるのですから
ですが、私達のみで展開しても、社会の変化は期待できるでしょうか?

高年齢化の社会、今後、こうしたケーズは増加傾向になるでしょう。
動物行政のみではなく、
高年齢に関わる行政や警察を始め、関連する様々な行政が
この現実を知ること。が重要に思います。
目の前の問題解決のみでは、同じことの繰り返し。の今後が予想できます。
ご賛同いただきましたら、宜しくお願い致します。

以上の考えで、
以後、飼い主のいる猫問題は、まずは、行政へ
というルートを通っていただきたいと思いますし
かつ、当会へのサポート要請は、行政からいただきたいと思います。
その上での検討、サポートと言う流れに、以後は限らせていただきます


行政相談の前の相談は、以後も受付いた致します
★当会へのご相談の前に
ペットを飼えなくなってしまった場合
①飼育している方の氏名と住所、メールアドレス等
②飼育放棄したいペットの頭数、性別、過去の治療内容、病歴、
人なれしているかしていないか?等、ペットの情報
③手放さなければならなくなった理由
④新らたな家族を探してほしい場合は、その間の飼育可能か否か?
 また、飼育可能なおおよその期間。等を、
メールにてaichi.streetcat.cheerleaders@gmail.comに送付願います




小さな命を守るため活動応援へのクリックをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 私たちに出来ること・・・!
ジャンル : 福祉・ボランティア

問い合わせについて

ご訪問いただきまして有難うございます。
当ブログは、コメント欄の使用をしておりません。
ご意見や下記問い合わせは、以下のメールアドレスにお願い致します。

尚、当会では、保護やサポート活動は一切行っていません。

 補足)
現場の活動で困ったことなどありましたら
当会の代表理事個人団体「地域猫応援団Cat paw club」へお願い致します。
 尚、Cat paw clubにおいてもいかなる猫であっても保護預かりは一切していません
 活動サポート相談のみ対応可能です。catpawclub@gmail.com

当会への各種お問い合わせに関しては、
氏名、居住地区、電話番号をご記入の上
aichi.2022.zero@gmail.comまでお願い致します。

記載ない問い合わせに関しては、返信いたしませんので
記入漏れのないようにお願い致します。

 ①当会への質問、入会に関しての問い合わせ

 ②セミナーに関しての問い合わせ

 ③団体、会員への苦情

 ④協働事業申し込みの問い合わせ

 ⑤取材の申し込み

等、用件を明確に記入して下さい

皆様の声を反映し、より良い組織作りを目指していきます。



活動寄付金振込支援者を募集しています。
三菱東京UFJ銀行 
浄心支店(支店番号400) 
普通口座 3078894
一般社団法人愛知・地域ねこ応援団
(イッパンシャダンホウジン アイチ・チイキネコオウエンダン)





ランキング参加しています。
1日1回のクリック協力をお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

ようこそ!
愛知・地域ねこ応援団へ
当会は、動物愛護の精神に基づき、猫や動物の生きる権利と、人と動物が適正に共生するための各種事業を行い、命の尊厳を唱え、心の豊かさや友愛の情操を育み、人間と動物たちが共生する社会を構築することで、社会に寄与することを目的とする活動を行っております。

※当会では、猫の保護依頼は引き受けていません。
※不妊手術のための捕獲搬送の相談は、地区の保健所へご相談下さい。
※負傷猫を保護したら、自身で病院へお願いします
※捕獲器のレンタルは受付いたします。

第一種動物取扱登録番号 第250177号
平成31年1月15日迄有効


初めてのお問い合わせの方
電話にての問い合わせはお断りさせていただきます。
お問合せ、ご相談は、氏名、地区名を記入した上でメールにてお願い致します。
aichi.2022.zero@gmail.com

支援金・支援物資送付先について
当会は、皆様の支援で運営されている非営利団体です。
会費、支援金は、下記の活動に使用させていただいています。
•災害・虐待動物を救う活動費
•TNR活動手術費用補助支給
•イベント開催等の啓発活動
•セミナー&シンポジウム費用
•シェルター運営費用

☆保護猫&地域猫への支援物資の御協力について
・猫用フード、缶詰 ・腎臓サポートなどの療養食
・猫用トイレ砂ペレット
 1ヶ月分
  http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/537721/

申し訳ありませんが、送料負担のご協力をお願いします

☆支援物資送付先
(注)クロネコヤマト発送限定
057-320 クロネコヤマト 名東極楽センター止め
宛先)一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団 
連絡先) 08069682319 代表・清家照美
問い合わせはメールフォームからお願いします。


☆活動支援金のご協力をお願い致します
 ・三菱東京UFJ銀行
  浄心支店  (支店番号400)
一般社団法人愛知・地域ねこ応援団
(普通口座)3078894


・ゆうちょ
記号 12000 番号14303981 
シャ)アイチ チイキネコオウエンダン


☆楽天ショッピング支援
こちらから、お買い物をしていただくと、ポイント支援になります。




カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
デフォルトカウンター
リンク